一般的な住宅とは違いがたくさん!気になるガレージハウスの疑問を解説!

当サイトは一般的な住宅とは違いがたくさんある、気になるガレージハウスの疑問を解説しています。
通常の家とどういった違いがあるのか知りたい人におすすめです。
ビルトインガレージの家を建てるために必要な費用に関しても、このサイトで説明しています。
さらに使用目的を考えておきたいビルトインガレージの家についての情報も掲載しているので、これから家を建てる事を考えているのであればぜひ参考にして素敵な家を建てましょう。

一般的な住宅とは違いがたくさん!気になるガレージハウスの疑問を解説!

最近よく見聞きする機会があるため、ガレージハウスはどういう物なのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
ガレージハウスは、人が住むための住宅と車を置くためのガレージが一体となっている家のことです。
一般的な家の場合には、1階フロアにも生活のための間取りを用意していることが多いですが、ガレージハウスは、一般的に1階がガレージとなっていて住まいの多くのスペースは2階以上に配置されることが多いです。

住まいの一つであるガレージハウスとは?

日本では昨今、さまざまな住まいのスタイルが確立をされるようになりました。
以前は木造和風住宅が多い傾向でしたが、今では洋風の輸入住宅であったり鉄筋コンクリート作りのスタイルもあります。
そのなかのひとつにガレージハウスというものがあり、ここでその概要を説明していきましょう。
ガレージハウスとはビルトイン住宅とも呼ばれるものです。
住まいの空間になかにガレージが備わっており、自動車を1台または2台駐車することができます。
一般的な住宅だと外構部に駐車スペースがあり、雨が降ったときは車が濡れてしまいます。
ところがガレージハウスとはその問題がなく、一種のディーラーのような展示空間になっているのが特徴です。
ガレージハウスとは愛車をしっかりと守って保管をすることができ、リビングからその姿を確認することもできます。
なお、ガレージハウスを設けるためには、非常に広い空間を有するのが特徴で、約100平方メートル程度のスペースがいります。

家づくりでガレージハウスを選ぶメリット

家族にとって快適に住むことができるマイホームを建設することは、多くの方の夢といえるでしょう。
昨今ではさまざまなスタイル・施工法で住宅を建設することが可能です。
家づくりのひとつとして昨今注目を集めているのがガレージハウスで、この住まいを手に入れるメリットをここで述べていきます。
ガレージハウスとは住まいのなかに駐車スペースを設けている住宅のことです。
自動車が好きな方であれば、その愛車を雨や風から守りたいと思われることでしょう。
それを実現しているのが、ガレージハウスです。
四方を壁と屋根に囲まれたスペース内で保管をすることができ、盗難を防止することも可能になります。
また自動車を所有されていない方にとっても、メリットのある空間です。
ガレージハウスのスペースを物置にしたり、自転車やバイクを保管するのにも役立ちます。
家づくりにおいて大切なのは、フリー空間を用意する点です。
家族全員でさまざまな活用法を見出せます。

ガレージハウスだからこそ注意したいデメリット

ガレージハウスというものをご存知でしょうか。
昨今ではさまざまな住まい環境を作り出すことができ、ガレージハウスもそのひとつです。
20代から30代の若い層に人気があり、自動車をしっかりと雨や風から守れるのがメリットといえます。
これからガレージハウスを建設しようという方も大勢いらっしゃるでしょうが、ここではガレージハウスだからこそ注意をしたいデメリットについて見ていくことにします。
もっとも注意をしたいのは、広い空間が必要だという点です。
この建物の場合、ビルトイン工法となるため最低でも100平方メートルのスペースを備えていまいといけません。
そしてデメリットは壁と柱を取り除くという特徴から、耐震性が欠けてしまいます。
これを補うためにはバンパーという耐震設備を取り入れないといけないわけです。
そのため、施工時は必ず建築会社と念入りに打ち合わせをおこなって、完成度が高い施工方法を取り入れないといけません。

ガレージハウスと一般的な住まいの違い

昨今ではマンションよりも戸建て住宅を建設なさる方が多くなりました。
和風の木造のほかに、耐震性に長けている鉄筋コンクリート造りなおがありますが、後者に至ってはガレージハウスという施工を実施することも可能です。
ここではこのガレージハウスと一般的な住まいの違いを見ていくことにしましょう。
一般的な住まいの場合、四方を壁と柱に囲まれているのが特徴です。
それとは異なり、ガレージハウスとは一部の壁と柱を取り除いて、自動車を保管できるスペースを確保しているのがポイントとなります。
ビルトイン工法と呼ばれており、住まいの一部がガレージになっているのが特徴です。
またこの住宅の場合は必ず耐震工事を実施しないといけないため、通常は鉄筋コンクリートで建築をする点も違いといえるでしょう。
ガレージハウスのメリットは愛車を雨や風から守ることができ、自動車の盗難も未然に防げる点です。
リビングなどからガレージ内も見られるので、コレクションルームにもなります。

将来も考え建てたいガレージハウス

ガレージハウスは車が好きな方なら建てたい家で、ガレージと住宅が一体となった建物です。例えば1階がガレージで、2階と3階を済むところにしたり、1階の半分をガレージにして残り部分と2階を居住部分にするなどです。
いつも車を屋内に入れられるので、雨風に当たる心配も何かに傷つけられる心配もありません。寒い冬でも窓が凍るということも、エンジンがかかりにくいなどのトラブルもないので安心です。掃除やメンテナンスも、ガレージの中ですることができます。しかし、将来のことを考えるとどうでしょうか。1階部分をすべてガレージにした場合、もし高齢になって車に乗らなくなった場合は1階部分がすべて倉庫のような状態になってしまいます。また高齢になって足が不自由になり階段の昇り降りがきつくなった時に、2階と3階部分が居住空間になっていれば階段の昇り降りが大変になってくることが考えられます。
そのため将来もずっと住み続けるガレージハウスにするなら、居住部分は1階にも作ることが勧められます。

ガレージハウスで参考になる成功事例

ガレージハウスの成功事例は非常に参考になるので、これからガレージハウスを作る予定がある人は必ずチェックしておくべきです。ガレージハウスは住居スペースを犠牲にして車庫のスペースを広く取ることになるので、いわば趣味重視の家ということになります。
例えば車好きの人であれば愛車をいつでも眺めるために壁をガラスにしたり、吹き抜けのような空間にすることがあります。こうすることでお酒を飲みながら愛車を眺めることが可能になりますし、整備やメンテナンスも好きなタイミングで行うことが可能になります。キャンプや釣りなどのアウトドアを趣味にしている人であれば、道具のお手入れをしたり、荷物を保管することができます。車庫と住宅が一体になっているので荷物の搬入も簡単ですし、車に積み込むときの効率もアップします。ガレージハウスには自分のやりたいことを思う存分やるため空間が広がっていて、自分の好きな道具を揃える楽しさもあります。

おしゃれなデザインになりやすいガレージハウス

さまざまなスタイルの住居があり、昨今では幅広い世代の間でガレージハウスが人気となっています。
一般的にビルトイン住宅とも呼ばれており、住まいのなかに自動車やバイクなどを駐車できるガレージを備えているのが特徴です。そこでここでは、このガレージハウスの魅力について述べていきましょう。ガレージハウスで際立っているのは、お洒落なデザインの住居になるという点です。一般的な間取りの場合、リビングとガレージを直結したスタイルで設計をなされます。リビングから駐車スペースを眺められるようにガラス張りにするのも基本で、愛車をインテリアの一部にすることが可能です。ガレージハウスの場合、屋外から内部を見られる心配もありません。ガラス張りだと目隠しでカーテンやブラインドを設置なさる場合もありますが、太陽光が遮断をされて室内が暗くなるのが基本です。しかし、ガレージから採光をとることもできるので、室内全体を明るく保てるのも魅力のひとつになります。

趣味の空間としても利用できるガレージハウス

戸建て住宅の場合、非常に個性的な住まいを建設できるのが魅力ポイントです。昨今ではデザイナーズハウスや注文住宅なども存在しており、そのなかのひとつにガレージハウスも含まれます。これは住居スペースの一部に駐車場を組み込んでいるのがポイントです。
ガレージと言っても自動車だけを駐車できる場所というわけではありません。マイカーを所有されていない場合は、ガレージハウスを趣味の空間にしての良いでしょう。たとえばDIYを趣味になさっている方であれば、ガレージハウス内に工房を構えることが可能です。大きな工具を保管したり、作業部屋にすることもできます。または自転車が好きな方であれば、駐輪場にすることもできます。ガレージハウスの特徴は、リビングからその室内を見ることができる点です。お気に入りのアイテムを展示してリビングから眺めたり、日頃使用をしている工具類の保管などもできます。所有されている方それぞれのカスタマイズができる住居空間です。

ガレージハウスで必要になる税金の金額

多くの家ではガレージハウスを持っています。車を入れたりオートバイや自転車などを収納したりして用途は幅広いです。
有効活用をするために最近ではガレージハウスの天井に太陽光発電を搭載しているところが多くなってきました。太陽光がよく当たりますから発電量も上がります。ガレージハウス自体に税金はっかありませんが、太陽光発電を搭載してしまうと、課税されることが多いです。この考え方は自治体によってまちまちですから、気になるようであれば行政関係に電話で尋ねてもいいでしょう。またガレージハウスの大きさによっても全体の課税金額が変わることがありますから、詳しいことは、ガレージを取り付けた会社に尋ねてみるとわかります。自分の家とガレージをうまく連合させることで家全体の雰囲気や見た目ががらっとかわります。色や大きさを吟味していきながら目的にあったものにしていきましょう。一生使いますから納得のいくまで計画していきましょう。

ガレージハウスに関する情報サイト
気になるガレージハウスの疑問を解説

当サイトは一般的な住宅とは違いがたくさんある、気になるガレージハウスの疑問を解説しています。通常の家とどういった違いがあるのか知りたい人におすすめです。ビルトインガレージの家を建てるために必要な費用に関しても、このサイトで説明しています。さらに使用目的を考えておきたいビルトインガレージの家についての情報も掲載しているので、これから家を建てる事を考えているのであればぜひ参考にして素敵な家を建てましょう。

Search

更新情報