一般的な住宅とは違いがたくさん!気になるガレージハウスの疑問を解説!

ガレージハウスを建てるために必要な費用

若い世代を中心に、ガレージハウスが高い人気となっています。
この住宅はビルトイン工法と呼ばれるもので、駐車スペースが住宅内に備わっているのが特徴です。
自動車やバイクを駐車することができ、それらを雨や風から守ることができるのが最大のメリットといえるでしょう。
これからガレージハウスを建設したいという方も大勢いらっしゃるでしょうが。
ここでは建設に必要な費用について解説をしていきます。
一般的な住まいとなる100平方メートルの敷地で建てる場合、約3500万円前後です。
内訳はデザイン設計費が約800万円・鉄筋コンクリート造りの素材の調達と施工費で約2400万円になります。
なお、ガレージハウスは木造では建設をすることができないので注意をしないといけません。
ガレージハウスの場合、壁と柱の一部を取り除くため必ず耐震性を高めるバンパーを備えるのも特徴です。
このバンパーを取り付けるには鉄筋コンクリートにしか対応をされていません。

ガレージハウスはプランニングによっては高額にならずに済む

ガレージハウスを実現したいと考えていらっしゃる方は多いものですが、通常の住宅と比較すると建築費が高額になってしまうのではないかと二の足を踏んでしまうという話はよく聞かれます。
住宅とガレージ(もしくはカーポート)を別々に設置したほうが割安となることは当然とは言えますが、家の中から直接車両保管スペースへのアクセスができることや、自動車に関わる道具やパーツを整理して保管できる良質なスペースを確保できる観点から、やはりガレージハウスの使い勝手の良さは魅力的です。
そこで、できるだけ建築費を抑える方法を考えていきましょう。
最も効果的なのは、ガレージを確保した上で居住スペースを小さくする方法です。
暮らしに必要な部分を最小限とした上で、車に関するスペースを大きく確保する大胆なプランは、ガレージハウスならではの醍醐味とも言えます。
居住スペースを犠牲にしたくない場合には、3階建のプランを検討したり住宅の形状をできるだけシンプルにしたりするなどで、建築コストを削減できます。
住宅設備もベーシックなものとするなどの工夫をして、最終的な総建築費が高額とならないように調整していくことも面白いものです。
予算に合わせて、どこまで理想のガレージハウスを実現できるのか、試行錯誤しながらプランニングを練っていく過程も楽しみながら家づくりを進めていきましょう。

ガレージハウスに関する情報サイト
気になるガレージハウスの疑問を解説

当サイトは一般的な住宅とは違いがたくさんある、気になるガレージハウスの疑問を解説しています。通常の家とどういった違いがあるのか知りたい人におすすめです。ビルトインガレージの家を建てるために必要な費用に関しても、このサイトで説明しています。さらに使用目的を考えておきたいビルトインガレージの家についての情報も掲載しているので、これから家を建てる事を考えているのであればぜひ参考にして素敵な家を建てましょう。

Search